日本人に合うハリッサの作り方を確認✔

ちょっと変わった辛味調味料「ハリッサ」の手作りレシピを紹介します。

・ハリッサって人気で、欲しいものが手に入りづらい。
・どおせなら、オリジナルなハリッサを作ってみたい。

こんな要望にお応えして、

家庭でできる自家製ハリッサの作り方を紹介します。以前に紹介していたKALDIのハリッサが売り切れ続きで、なかなか手にはいりません。

ハリッサは、特にチュニジアや、その周辺のマグリブ地域で広く使われている調味料です。チュニジアの料理と言えば、クスクスやケバブ、タジン鍋など、日本でもおなじみの物があります。現地ではそういった料理に添えるて使うため、現地の家庭やレストランでは手作りされている調味料です。

 

 

日本人に合うハリッサの作り方を確認✔

ポイント

手間をかける部分です。パプリカの旨味をしっかり引き出し、香辛料とあわせていきます。全体で30分~40分くらいです。

・唐辛子は乾燥の物を蒸して使う

・生パプリカを焼いて使う

・材料、香辛料は実のものをすりおろす(スパイスグラインダーがあると楽)

種状の香辛料はスーパーにない場合があるので、Amazonや楽天などで事前に準備しておく方がおすすめです。

香辛料のお買い物(Amazon)

材料

・乾燥唐辛子 10本(種を除く)
・生パプリカ 1個
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 小さじ1
・レモン果汁 小さじ2
・にんにく 3片 すりおろす
・コリアンダーシード 小さじ1
・キャラウェイシード 小さじ2
・クミンシード 小さじ1

レシピ

1、乾燥唐辛子は種を取り除き、水で20分蒸します。鍋に蓋をして茹でる感じでOK。


2、パプリカはオーブンで15分程、焦げ目が付くまで素焼き、その後流水で洗い皮を取り除きます。(200℃目安)


3、オリーブオイル、塩、レモン果汁、おろしにんにくは小さめのボウルに合わせておきます。


4、蒸した唐辛子、コリアンダー、キャラウェイシード、クミンシードをすり鉢に入れてすり下ろします。始めは強引にゴリゴリと、10分ほどすり下ろすと、全体的にペースト状になります。(結構力が必要です。)


5、焼いたパプリカも入れてすりおろします。


6、すりおろしたものを3のボウルにうつして、よくなじむまで混ぜます。


7、全体が混ざったら完成、ビンに移して保管しますで。少し時間をおいて熟成させるとスパイスが全体になじんで、まろやかさが増します。

簡単 ver. レシピ

簡単につくる方法も書いておきます。材料さえそろっていれば10分程度で完成です。

・唐辛子 →唐辛子パウダー 大さじ1
・生パプリカ →パプリカパウダー 小さじ2
・香辛料 →パウダーに変更
・ほかは同じ。

すべての材料をフードプロセッサーに入れて、滑らかになるまで回せば完成。

 

まとめ

いかがでしたか?辛くて旨い自家製ハリッサをお楽しみください。