【スマホで共有】買い物で使えるメモ帳アプリ

Quipというスマホアプリの紹介です。

・買い物行ったのに、買い忘れがある。
・紙に書いて、持っていく。
・買物を頼んだけど、追加で欲しいものがあったのでLINEするが見てもらえない。

こんな「家庭内あるある」を解決するため、

スマホがあれば無料で使える家族の共有メモ帳を紹介します。買い物に行くために、紙のメモ書きをつくる必要はありません。思いついた時に書き込み、チェック機能あり、いつでもどこでもメモ、確認ができます。

ちなみに、私が使い始めたのは5年くらい前かな、まだカリフォルニアにいた時です。アメリカ人の同僚から教えてもらい、レストランの企画やマネジメントについてのアイデア出し、MTGアジェンダ作り、Todoリストに使っていました。

それを家庭に応用したのがうちの妻。優秀です。今は家で使っていますが、妻は買い物リストに夢中です。私『〇〇買っといてー』って言うと、『Quipに書いといてー』と返されます。

Quip

Quipとは?

QuipとはSalesforceが提供するクラウド上のドキュメント管理サービスですが、こういうと難しく聞こえるかもしれませんね。

インターネット上で、友達や家族など、指定した人と共有できるメモ帳です。スマホアプリで簡単にりようできます。

・MS OneNote

・Google Google Keep

・Mac memo

・Evernote

などなどが同じようなクラウド型の共有もできるメモ帳アプリです、仕事で使われている方も多いですよね。

あえて仕事環境と違うアプリを使う方が、公私を分けることができます。また、家庭ではそんなに多機能でなく、逆にシンプルで簡単なツールが合っていると思います。

ちなみに、Quipでもビジネス向けプランが提供されていますが、個人で使い、ファイルやフォルダを一つずつ「外部に共有する」だけなら課金はありません。

家族で使うメリット

スマホで使えるから、

・いつでもどこでも書き込み

・いつでもどこでも確認

・アプリ、web版、両方に対応

・メモ帳、ToDoリストなどを簡単に共有できる。

私が感じるデメリット

・メモ帳を共有するために初回アカウント登録が必要。

 →まあWebサービスを使う上では当たり前かもですが、ちょっとめんどう。(課金はありません。)

・海外製品なので、日本語がおかしなところもある…らしい。

 →幸い、実際に使っていて特に日本語に不便を感じたことはないです。

・買い物に行かされる:p

  「Quipに書いといたから、買ってきてー」って。

  必要な物のリストアップ →妻

  買い物に行く →私

  というパターンがしばしば。

Quipを使ってみる

スマホにインストール

お持ちのスマホのアプリストアからQuipで検索すれば、出てきます。もちろん無料です。

iPhone App Store

Android Google Play

基本の使い方

・王道!買い物リスト

チェック☑︎を使います。いつも買うものは消す必要なし。ワンタップで済みます。我々上級者(?)は、スーパーの品物が並んでいる順に、リストも並び替えます。野菜→豆腐類→魚→肉→乾物→お菓子、みたいな感じ。リストの上から買っていき、スムーズにレジにたどり着きます😊

・今週、今月のTodoリスト

・伝言メモ

定型作業、忘れちゃいけない提出物、手が空いたらやろうと思っている小さな事などなどを書き貯めます。

面白い使い方

家庭

・食べたいもの/行きたい旅行リスト

・言い出しづらい「飲み会」の予定☆伝言板

チームやコミュニティー(店舗で実践済)

・MTGのアジェンダ 共同編集

・企画についてのアイデア集め

まとめ

いかがでしたか?もちろん自分だけのメモ帳にも使えます。思いついた事をその場で書いといて、相手からも見ることができるので、我が家では日常的に使っています。おススメです☆