2週間でぬか床が完成☆

ぬか床を仕込んで、2週間がたちました。

初めの頃とは、においも手で触った感じも変化があり、何となく状態が整ってききます。(この時は、正直初めてなので、ほんとにそうか分かりませんでしたが…)ぬか床を仕込んでから2週間でやってきたことを、おさらいがてらにご紹介と、後半で早速野菜をつけてみたので、その紹介をします。

ぬか床の最初の仕込みは「自家製☆ぬか漬け造り」をご覧ください。実際に試した手順を書いています。また、最初に使った容器は小さかったので、混ぜる時に余裕のある大きさに変更しています。

 

2週間のぬか床管理

ということで、まず2週間やってきたことです。

1、毎朝、ぬか床を混ぜました。
2、捨て野菜を3回交換しました。

1つ目のぬか床を混ぜるについて、ぬか床の保存場所は昼間冷蔵庫内、夜常温に出していました。ずっと冷蔵庫で保存される方は2~3日に1回混ぜるだけでいいそうです。それだと忘れてしまうと思い、毎日混ぜています。混ぜる時は素手でいいとWebでは書いてありましたが、我が家は潔癖な嫁の強い希望で手袋をして混ぜています。

2つ目、捨て野菜については、キャベツの外皮、人参や大根の皮を厚めにむいたものを、ぬか床に埋めておきました。混ぜる時に確認して、しんなりしてきたら取り出しますが、手でぎゅっと絞って汁をぬか床に戻します。

じゃあ早速つけ込んでみよう!

早速つけてみようという事で試した野菜はこちら

☆きゅうり、だいこん、にんじん 定番の3つ

漬け込む手順と目安時間はこちら

・大根と人参は皮をむく(ほんとはむかなくていいそうです)
・塩でもむ 今回は揉んでから3分くらいだけおきました。
・水で塩を洗い、ぬか床に埋める。
・つけ時間 6時間 常温(昼頃つけて、夜ごはんに食べた)

漬け込んだ野菜をとりだすとこんな感じ、結構それっぽいですよね!!ここで初めてにしてはいい感じだなと自己満。

気になるお味はというと、大根と人参は想像したようなぬか漬けの味、きゅうりは浅漬けに近い味でした。皮をむくかどうかで味の入り方が違ってきます。

まとめ

いかがでしたか?次の日、おなか痛くならなかったので、失敗ではないですね!…笑。2週間だと、まだなんとなく塩気で漬物感を感じているようなレベルです。もうちょっと臭いのを期待している…食べるのが楽しみなので、条件はいろいろ試していけそう。あとは野菜の種類も増やしていこうと思います。ぬか漬けは塩分高いそうです、漬け過ぎ、食べ過ぎには注意ですね。では。